速報!アニメBORUTO第24話 感想・ネタバレ!【ボルトとサラダ】

BORUTO24話、大筒木カグヤ

スポンサードリンク




アニメBORUTO第24話ボルトとサラダ』が放映されましたね。

 

今回のアニメBORUTOは、

大枠はオリジナルを維持しながら所々アニメオリジナルの要素を加えた感じでしたね。

 

  • 木ノ葉丸が語る写輪眼の特徴の説明
  • メタルとイワベエが解説する五影のプロフィール
  • 大筒木カグヤと第四次忍界大戦、白ゼツ
  • 五影会談参加者とサスケのセリフ部分のアニオリ化

 

などなど…。

 

今後のストーリー展開で背景になるアニメNARUTOの情報を

アニメBORUTOから観始めた視聴者と共有しようという意図だったのかな?

 

というわけで、今回の記事は、いつものあらすじ纏めではなく、

第24話で紹介されたアニメNARUTO関連の情報を掘り下げた補足記事にしてみました。

 

それでは早速、ネタバレも含めて記事を書きすすめたいと思います。

アニメBORUTO第24話のあらすじポイント、ネタバレ有?

 

アニメBORUTO第24話のあらすじ

家族の絆自分の忍道をしっかり見定めたサラダ

一方、ボルトは、いまだ自分の目標を見定めることなく相変わらず…。

 

平和を謳歌する木ノ葉の里は、華々しく登場した五影のパフォーマンスで大賑わい。

 

でも、表面的な平和とは裏腹に五影会談の議題は相当深刻な内容でした。

 

議題は、サスケのもたらした大筒木カグヤに関する情報分析

 

何やら、大きな動乱が起こりそうな気配があるようです。

 

チョウチョウと修行に励むサラダ~写輪眼の三大特徴と写輪眼の種類は?

火影になるという目標を定めたサラダは、

チョウチョウに練習を付き合ってもらい放課後に写輪眼活用の修業に励みます。

 

修行場所に偶然通りがかり、

木から落ちたサラダを助けた木ノ葉丸先生写輪眼の特徴について質問します。

 

木ノ葉丸先生の話しでは、写輪眼の特徴は大きく三つあるとのことですね。

 

  • 全てを見透かす洞察力

例えば、敵の攻撃動作や太刀筋を読み切る能力ですね。

その他、チャクラの流れを形として視認し、性質を色で識別できます。

 

  • 目に映った体術、忍術を自分のものにするコピー能力

サラダもこの能力でボルトの影分身を自分のものにしましたね。

 

余談ですが、

六代目火影(はたけカカシ)も写輪眼使いとして他里に知られた忍でした。

 

カカシは、写輪眼で1,000以上の術をコピーして使いこなし、

コピー忍者カカシ』『写輪眼のカカシ』の異名で他里に一目置かれていましたね。

 

  • 強力な幻術

写輪眼による幻術は、

保有者により得手不得手があり、写輪眼のレベルにより使える術も変わります。

 

たとえば、万華鏡写輪眼いたち(サスケの兄)の月読(つくよみ)は、

術にかけた相手の時間の概念までをも操作してしまう最強レベルの幻術と言えますよね。

 

木ノ葉丸先生の解説によると、

写輪眼は、上手に使いこなせないとチャクラを大量消費するようですね。

 

さて、ここから先は、管理人の補足説明です。

 

写輪眼はうちは一族以外にも扱える?

写輪眼は、うちは一族の血継限界ですが、移植すれば一族以外の者も扱えます

 

但し、一族以外の者に移植した写輪眼は、大量のチャクラを消費する弱点があります。

 

例えば、はたけカカシは、うちはオビトの写輪眼を移植し使いこなしていました。

 

また、うちはシンも、うちは一族ではありませんが移植した写輪眼を使っていましたよね。

 

万華鏡写輪眼とは?

写輪眼には、いくつかの発展形があります。

 

写輪眼を持つ者が、大きな悲しみや苦悩を体験をすると万華鏡写輪眼を開眼します。

 

万華鏡写輪眼は、写輪眼の瞳力を強化しますが、使うほどに視力を奪い失明に至ります。

 

永遠の万華鏡写輪眼とは?

また、万華鏡写輪眼保有者に、

他人の万華鏡写輪眼を移植することで永遠の万華鏡写輪眼を開眼します。

 

永遠の万華鏡写輪眼を持てば、万華鏡写輪眼のデメリットである失明リスクがなくなります。

 

輪廻眼とは?

輪廻眼は、大筒木ハゴロモ(忍びの祖・六道仙人)が開眼した究極の瞳術です。

 

大筒木ハゴロモのチャクラを導き出した万華鏡写輪眼の保有者が、

死の恐怖心や、強い怒り、強い悲しみ等の感情を持った時に輪廻眼を開眼します。

 

血継限界による三大瞳術のなかで最強といわれ、写輪眼の究極系です。

 

開眼するとすべての性質変化が可能となり、

地獄道(外道と対)、餓鬼道、畜生道、修羅道、人間道、天道六道の術を使えます。

 

輪廻写輪眼とは?

輪廻眼の本来の姿は、輪廻写輪眼であったと言われています。

輪廻眼にチャクラが十分に備わった状態で「天照」を発動することが可能になります。

 

うちはサスケ左目は、輪廻写輪眼に分類されると思われます。

 

大筒木カグヤが使った無限月読と輪廻転生眼の関係は?

神樹を取り込んで輪廻転生眼を開眼した者は、無限月読を発動できます。

 

無限月読とは、輪廻転生眼を月に投影し忍界全体を幻術に嵌める瞳術です。

 

幻術に捉われた人々を神・樹界降誕神樹のツタに捉え、

半永久的にチャクラを吸収したのちに白ゼツ化することができます。

 

古の時代、大筒木カグヤは、

自分が統治していた国の人々を無限月読によって10万体ほど白ゼツ化しています。

 

輪廻眼に匹敵するもう一つの瞳術、転生眼とは?

転生眼は、三大瞳術(写輪眼、白眼、輪廻眼)最強の輪廻眼と対をなす瞳術です。

 

白眼月の大筒木一族のチャクラが合わさることで開眼し輪廻眼を上回るといわれています。

 

古の昔、月に移住した大筒木一族のハムラ(ハゴロモの弟)が最初の開眼者です。

 

かつて、日向ハナビ(ヒナタの妹)の白眼を奪った大筒木トネリが転生眼を開眼しました。

 

トネリは、遠くにある物体を遠隔操作したり、

ナルト九喇嘛モード六道仙人モードに似た力を発揮し月を真っ二つに切り裂きました。

 

余談ですが…

ボルトの血筋の流れ等から見て、

ボルトの右目の瞳術は、転生眼系統の可能性が高いかも知れないですね。

 

五影会談~大筒木カグヤの生い立ちと白ゼツ・第四次忍界大戦

五影会談の内容とは?

扉を閉め、密室となった火影室で始まった五影会談は、

五影のほか、奈良シカマル山中サイの七名で始まりました。

 

会議の議題は、おおまかに『未知の敵の存在の可能性』と

敵が現五影の次世代の忍界に現れた場合の『後進の対処能力問題』の二点でした。

 

少し長くなりますが、

会議冒頭から前半の議題部分のセリフをそのまま引用しますね。

シカマル:さて、本題に入りますか。

 

我愛羅:サスケの姿がないようだが…。

 

ダルイ:あいつの任務に絡む重要な話があるんじゃなかったのか?

 

ナルト:サスケなら、もう発った。

あまりのんびりできる状況でもないしな。

 

我愛羅:…というと?

 

ナルト:オレたちの忍界が、再び危機に直面しようとしている。

 

一同:…

 

黒ツチ:詳しく聞かせてもらえるんだろうな。

 

ナルト:鵺事件の原因を作った志村ダンゾウ(木ノ葉の里『根』の頭領)、

それに、オレが戦ったうちはシン、

二人が残した資料の中に繰り返し共通するある共通点。

それは、異界に関する記述だった。

 

ダルイ:たしか、サスケの任務も異界の調査だったな?

それと関係があるのか?

 

ナルト:かつて、オレとサスケで封印したカグヤ(大筒木カグヤ)。

ヤツには恐ろしく強力な兵団がいた。

 

長十郎:マダラが用意した白ゼツですね。

あれには手を焼かされました。

 

ナルト:カグヤ一人だけでも十分強かったハズのに、

わざわざ白ゼツの兵団まで準備していたことが気になってよ。

 

ダルイ:忍び連合が相手じゃ分が悪いと考えたからじゃねぇのか?

 

シカマル:ところが、そうじゃなかった。

 

ナルト:あの白ゼツは、そもそも…、

オレたち忍がこの世に生まれるずっと前に作られたものだと判明したんだ。

 

黒ツチ:えっ?

 

長十郎:そんな、まさか…。

だとしたら、いったい何のために?

 

ナルト:今までに得られた情報が指し示すもの…

それは、あのカグヤをも脅かすほどの存在が、

いずれ、この世に現れることの暗示。

 

一同:…

 

我愛羅:カグヤをも上回る敵…

 

ダルイ:白ゼツはそのための戦力だったということか。

 

サイ:ほかに考えようがあるかい?

 

我愛羅:それほど重要な事柄を、オレたちに黙って調べていたとは…

まったく、食えない連中だなぁ。

 

シカマル:確証が得られるまで伏せるように提案したのはこの俺だ。

 

長十郎:しかし、そんなこと…

いくら平和になったとはいえ、

戦争の傷跡はまだ完全に癒えたわけではありません。

里の人々にどう説明すれば…。

 

ダルイ:考えただけで、だるいなぁ~。

 

黒ツチ:仮説にすぎない状況で、

いたずらに不安を煽ることが得策とは思えない。

 

サスケ:未来は、明るいほうがいい。

サスケの言葉だ。

 

以下略

引用元:TV東京 アニメ「BORUTO」

 

サスケ贖罪の旅で調べているのは、

第四次忍界大戦に至る過程で沸いた大筒木カグヤの行動に関する疑問ですよね?

 

つまり…

絶大なパワーを誇るカグヤに大量の白ゼツ軍団を用意させた理由は何なのか?

カグヤをして、なお、警戒し、恐れを抱かせるような未知の敵がいたのではないか?

でしたよね?

 

カグヤが恐れ、警戒するような強大な敵の存在の可能性…。

 

この件に関してサスケがもたらした情報の分析が、

五影会談で、忍界の安全保障上検討すべき可及の課題となったわけですね。

 

五影会談のシーンについて(参加者とタイミングが違う?)

第24話五影会談のタイミング参加者は、一部アニメオリジナルですね。

 

元々のストーリーでは…。

五影会談は、第四次忍界大戦後まもなく開かれ、

この時の会談にシカマルとサイは出席していません。

 

なぜなら…

 

ナルトたち第七班のメンバーカグヤを封印した時、

忍び連合軍は、全員が神樹のツタに捉われ、のなかで無限月読にかけられていました。

 

そのため、ナルトと共にカグヤ封印の戦闘に参加したサスケサクラが、

戦後開かれた五影会談に参加し、戦闘を知らない五影たちに情報を伝える場面なんですよね。

 

アニメ版で、ナルトがサスケの言葉として代言した『未来は明るいほうがいい』という言葉。

 

この言葉は、本来は、この時の五影会談でサスケの口から出た言葉なんです。

 

暗い過去に捉われ、復讐の念だけで生きてきたサスケが言うからこそ重みがあるのですけどね。

 

でも、アニメBORUTOでは、

第四次忍界大戦やサスケの過去には触れていないから、その重みは伝わらないよなぁ~。

 

っていうことで、アニメオリジナルの展開になったのかもしれませんね。

 

というわけで…。

 

以下の記事で、アニメで触れていない大筒木カグヤと、

第四次忍界大戦の概略について少しだけ触れてみたいと思います。

 

大筒木カグヤとは?~第四次忍界大戦の概略

大筒木カグヤは、忍界の祖である大筒木ハゴロモ(六道仙人)大筒木ハムラの母です。

 

三大瞳術を究め、両目の白眼の外、第三の目として輪廻転生眼をも有しています。

 

カグヤは、古の時代に神樹を追いかけて異世界からこの世界にやってきました。

 

この世界に降り立ったカグヤは、

ソの国の国主テンジと結ばれ、二人の子ハゴロモハムラを身ごもります。

 

この頃のカグヤは、幸せな日々を送る女神そのものだったようです。

 

しかし、幸せな時間はいつまでも続きませんでした。

 

あるとき、ソの国が戦乱に巻き込まれてしまいます。

 

敵軍がカグヤたちの住居にまで攻め込んできたとき、

子を身籠るカグヤは、我が身と国を守るために瞳術を使い敵を蹴散らします。

 

しかし、このとき瞳術を使ったことが、彼女の人生を狂わせてしまいます。

 

カグヤが常人にない力を持つと知ったテンジと国の人々は、

彼女を恐れ、異質な存在として排除することを考えるようになります。

 

こうして、あるとき、

カグヤが愛したテンジを含むソの国の人々は、彼女を殺すため兵を仕向けます。

 

兵に襲われたカグヤは、神樹まで逃げ、その実を食べ輪廻写輪眼を開眼します。

 

こうして輪廻写輪眼を得たカグヤは、無限月読を発動し、

神・樹界降誕で人々の大半を神樹のツタに捉えチャクラを吸い取り白ゼツ化します。

 

 

他方、神樹のツタに捉えず残した一部の人間は、

子孫を残すための種として、記憶を書き換え、恐怖政治によって統治します。

 

こうして、カグヤは、白ゼツ軍団を準備しながら国を統治するようになりました。

 

しかし、やがて成長した息子たちは、

カグヤの統治スタイルの真実を知り、母のやり方に否定的な意見を持つようになります。

 

そこで、カグヤは、二人の息子たちを争わせ殺し合わせる道を選択します。

 

しかし、その作戦の結果は裏目に出て、

ハゴロモ万華鏡写輪眼輪廻眼を、ハムラは、仙力を会得することに繋がりました。

 

カグヤは、息子たちと激しい戦いを繰り広げますが、

万華鏡写輪眼、輪廻眼、仙力(後の仙術)を得た息子たちに敗れ、月に封印されます。

 

しかし、カグヤは、月に封印される直前に黒ゼツを地上に生み落としていました。

 

こうして、一度は封印されたカグヤですが、

黒ゼツの暗躍によって、ふたたび封印を解き、再起するチャンスを伺い続けてきました。

 

それから1,000年後…。

 

黒ゼツの暗躍が功を奏し、

紆余曲折はあったものの最終的にはマダラの手によってカグヤの封印が解かれます

 

こうして、封印を解かれたカグヤが、尾獣チャクラを集めて十尾を復活させ、

無限月読神・樹界降誕で人々を再び神樹のツタに捉えようとしたのが第四次忍界大戦です。

 

この大戦では、カグヤが用意していた10万体の白ゼツ忍び連合軍と戦いを繰り広げました。

 

戦争終盤では、無限月読(と神・樹界降誕)も発動され、

第七班のメンバーオビト以外の全ての人々が、神樹のツタに捉われてしまう局面もありました。

 

幸いにも、ハゴロモから六道仙術を授かったナルトサスケ

これにサクラカカシを加えた第七班の活躍で、再びカグヤと黒ゼツを月に封印することに成功します。

 

そして、尾獣全てのチャクラを持つナルト輪廻眼を持つサスケが印を結ぶことで無限月読が解術され、

忍界の人々は神樹のツタから無事解放され、ボルトたちの時代へと続いていきます。

 

ナルトの義手とサスケの隻腕の原因は?

余談ですが、カグヤを封印したあと、

ナルトとサスケは、互いの平和に対する考え方の相違から再び拳を交えます。

 

この時の戦いで、互いの思いを確認し、

真の和解をしますが、その代償としてナルトは右腕サスケは左腕を喪失します。

 

ナルトの右腕は、柱間細胞の義手で復活しますが、

サスケは、己自身のけじめと贖罪の気持ちから現在に至るまで隻腕のままです。

 

大筒木カグヤの準備していた白ゼツとは?

カグヤのルーツは、ハゴロモたちが絶対に辿り着けない空の彼方(異空間?)の大筒木一族です。

 

大筒木一族は、愛など一切の価値を認めない、力の強弱だけがものをいう種族のようですね。

 

カグヤは、いずれ空の彼方から、大筒木一族の者が迎えに来ることを警戒し、

彼らに対抗するために少しでも白ゼツを増やし、彼らに対抗する軍団を作る必要性を感じていたようです。

 

もしかしたら…

カグヤは、当初は大筒木一族の任務を遂行するためにこの星に降り立ったけれども、

その任務に背いて、この世界を自分の世界として取り込むことを選択したのかもしれませんね。

 

大筒木一族から課された任務に背いたがゆえに、戦闘の準備を整える必要があったのかな?

 

カグヤの恐れていた未知の敵は大筒木キンシキと大筒木モモシキ?

そういえば…。

 

過去のアニメBORUTOで、大筒木キンシキと謎の人物(大筒木モモシキ)が登場しましたよね。

この二人は、大筒木を名乗るからカグヤの系譜に繋がる人物ですよね?

 

忍界の平和と存続をかけた大筒木モモシキキンシキコンビとの戦い?!

 

うちはサラダ編のサラダのように、

ボルトが、ナルトとの親子の絆を確認し、自分の目標(忍道)を見つける物語りになるのかな?

 

BORUTO24話以降何話かのストーリーは、

大筒木一族とのバトルにつながる橋渡しのストーリーになりそうですね。

 

ただ、ここまでの話しだけだと、

ボルトの夢に現れた大筒木トネリが言ったボルトの右目の謎はまだ残るんですよね。

 

その話は、もっと先でアニメ(マンガ)版として独自のストーリーで展開されるのかな?

 

楽しみが増えましたね(^^♪

 

五影のプロフィール

イワベエとメタルの掛け合いトークをベースに補足を交えてご紹介しますね。

五代目雷影・ダルイ

メタル:き、きました!五代目雷影、ダルイ!

 

イワベエ:随分、ド派手な登場だな。

 

メタル:先代の雷影が、左腕を失った際に、

左腕に未練などない、なぜなら、お前という右腕がいるからだ!

…とまで言わしめたその実力は、まさに実力はまさに折り紙付き!!

 

イワベエ:右腕?火影様は、唯一無二の忍びだぜ!

引用元:TV東京 アニメ「BORUTO」

ダルイは、雲隠れの里の里長(雷影)です。

 

黒い雷遁を得意技とし、三代目エーより、唯一『』の入れ墨を許された実力者です。

 

第四次忍界大戦では、金閣・銀閣との戦闘で七星剣紅葫蘆を用いて撃破しています。

 

余談ですが、雲隠れの里の雷影は、

代々、エーの名前を襲名してきましたが、ダルイはそのままですね。

 

六代目水影・長十郎

メタル:霧がくれの里が生んだ忍刀七人衆の一人であり、

双刀ヒラメカレイを使わせたら右に出る者はいません!

 

イワベエ:刀?つまり、忍術じゃぁ火影様に敵わないっていうわけだ。

引用元:TV東京 アニメ「BORUTO」

長十郎霧隠れの里の六代目里長(水影)です。

 

第四次忍界大戦後に一線を退いた照美メイの後任として水影を襲名しました。

 

忍刀七人衆の最後の一人で、双刀ヒラメカレイを操る凄腕の忍びです。

 

第四次忍界大戦では、五代目水影の護衛を務めていました。

 

普段は弱気な言動が目立ちますが、

自信の力は敵を切った数という信念を持ち、霧隠れ最強の人切りの異名を持ちます。

 

四代目土影・黒ツチ

メタル:10万もの敵を前にして、一歩も怯まなかったその立ち姿は今も伝説!

あえて、こう呼ばさせて頂きます。

よっ、黒ツチの姉御!

 

イワベエ:た、たしかに…

お色気の術で戦ったら、いい勝負になりそうだな…。

引用元:TV東京 アニメ「BORUTO」

黒ツチ岩隠れの里の四代目里長(土影)です。

第四次忍界大戦後に一線を退いたオオノキの後任として土影を襲名しました。

第四次忍界大戦では、第二部隊に配属され活躍しています。

オオノキの孫娘で、血継限界溶遁遣いです。

 

五代目風影・我愛羅

メタル:ひと呼んで、砂漠の瓢箪王子!

愛に飢えた幼少期、しかし、そんな彼を変えたのが…

 

イワベエ:我らが火影、うずまきナルト!!

 

メタル:砂隠れの里が生んだ天才児!

 

イワベエ:シカダイの叔父さんにしておくのが勿体ないぜ!

 

メタル:同感ですぅ~!!

引用元:TV東京 アニメ「BORUTO」

我愛羅砂隠れの里の五代目里長(風影)です。

 

四代目風影と母加琉羅の間に生まれた三兄弟の末っ子で、

姉兄は、姉テマリ(風遁使い)、兄カンクロウ(最強の傀儡使い)です。

 

姉のテマリは、木ノ葉の里の奈良シカマルに嫁ぎ、シカダイを生んでいます。

 

四代目風影の手によって、最終兵器として一尾(守鶴)の人柱力にされました。

 

人柱力であるがゆえに里人から迫害され、母からも遠ざけられ、

人柱力のリスクを懸念した父から刺客を差し向けられた経験もあります。

 

ナルトと出会うまでの我愛羅は、

他人との交流を憎しみと殺意を通じてしか感じることができない忍でした。

 

しかし、ナルトと出会ったことで、仲間を信じ人を慈しむことの力を知ります。

 

我愛羅は、周囲にある砂を自在に操り、攻撃防御する力があります。

 

特に我愛羅が背負う瓢箪は、母の我愛羅を守るという強い思いが宿っています。

 

この瓢箪の中のチャクラを練り込んだ砂は、

母の思いを汲んで自動的に盾となり我愛羅を守ります

 

第四次忍界大戦では、第四部隊の責任者として統率力、戦闘力を発揮して貢献しました。

 

大筒木一族について

アニメBORUTOからご覧になった方のために、

大筒木カグヤ以外の大筒木一族についても簡単に触れておきますね。

大筒木一族は、もともと異世界(異空間?)に住んでいる一族です。

 

大筒木ハゴロモ・ハムラ兄弟

大筒木ハゴロモハムラは、古の時代、大筒木カグヤと時の皇子テンジとの間に生まれた子です。

 

ハゴロモは、仙力を会得し、両目に輪廻眼、額に万華鏡写輪眼を開眼しています。

 

ハムラは、白眼を開眼しています。

 

兄弟は、女神から鬼へと変貌してしまった母カグヤを月に封印無限月読を解術したのち、

大きすぎる十尾の力九つの塊(尾獣)に分解し、その抜け殻(外道魔像)を月に封印します。

 

ハムラは、一族を引き連れ月で外道魔像の封印を守りながら、

ハゴロモが、理想とする世界を創る作業を見守ることとします。

 

ハゴロモは、尾獣たちの故郷を探す道すがら人々に忍宗を広めて歩きます

 

ハゴロモが、忍界の祖と言われる所以です。

 

ハゴロモの広めた忍宗は、人々の『絆という繋がりこそが真の力である』という考え方を基本とし、

隠居後は六道仙人と呼ばれるようになります。

 

余談ですが、ハムラの系譜に日向一族が存在すると思われます。

 

大筒木インドラ・アシュラ兄弟

大筒木インドラアシュラは、大筒木ハゴロモの子供です。

 

インドラは、うちは一族の祖であり、

才覚に恵まれているがゆえに何事も自分の力で決め人を従わせる性格です。

 

アシュラは、千住柱間一族の祖であり、

己の努力と人々の協力・協調がある故に自分が成り立つと考える性格です。

 

年老いたハゴロモは、後継者としてアシュラを指名します。

 

そのことがインドラのプライドを傷つけ、

それに付け込む黒ゼツの煽動もあって、その後の兄弟仲を険悪にします。

 

インドラは、才覚を駆使してチャクラを戦に用いる忍術を編み出し

アシュラに戦いを挑み、以降、うちは、千住柱間一族代々の確執の火種となります。

 

この確執は、インドラの転生者であるサスケと、

アシュラの転生者であるナルトの二人が真の和解することによって終結するまで続きました。

 

大筒木モモシキ

大筒木カグヤが警戒していた自分を迎えに来る大筒木一族の一人と思われます。

 

両目は白眼、両方の手のひらに輪廻眼を持っています。

 

右手の輪廻眼で敵のチャクラや忍術を吸収し、左手の輪廻眼から数倍に増幅して撃ちだします。

 

他人のチャクラを丹に加工して食らうことでパワーを得ます。

 

不老長寿と怪力乱神を得るため、尾獣のチャクラを集めて、

ナルト達の住む忍界(苗床)に神樹を植えなおし仙丹をつくり、食らうことを企んでいます。

 

大筒木キンシキ

モモシキの親役(従者、護衛)として、常に身を挺す覚悟で行動を共にしています。

 

身長2メートルを超える怪力の大男ですが、サスケに負けず劣らずの俊敏さがあります。

 

背中から放出する赤いチャクラで剣などの武器作り出し戦います。

 

大筒木トネリ

カグヤを封印し外道魔像の封印を守るため月に渡った大筒木ハムラの末裔です。

 

かつて、大筒木宗家の意向を曲解して、ナルト達の世界を破壊しようとしました。

 

現在は、自分の過ちを悔い、傀儡人形と暮らしながら外道魔像の封印を守っています。

 

過去のBORUTOストーリーで、ボルトの夢に出てきて、右目について語った人物と思われます。

 

BORUTO第24話を観たファンの感想は?

第24話を観たファンの感想が気になりますよね?

早速、Twitterを覗いてみました。

ファンの声

 

 

まとめ

  • 写輪眼の特徴は三つ!
  • 五影会談の開催タイミングはアニメオリジナル!
  • サスケのセリフのナルト代弁はアニメオリジナル!
  • 第24話以降は、暫らく劇場版ボルトの伏線的なストーリーになりそう。
  • Twitterでは、五影を紹介するイワベエとメタルが可愛いと評判
  • Twitterでは、オリジナルを大きく書き換えた五影会談の様子に避難轟轟

でした。

スポンサードリンク




【必見】アニメBORUTOを無料で観る方法!

アニメBORUTOがU-Nextでも放送されているのはご存知ですか?

アニメBORUTO最新話がTV放映の翌月曜日には高画質で見れるのでお勧めです!

他にも、NARUTOやNARUTO疾風伝もやっているので、

アニメBORUTOからファンになられた方は一見の価値があると思います。

U-Uextは、月額1900円で、映画やドラマ・アニメなど、

12万本以上のコンテンツをHD画質でオンデマンドで配信しています。

31日間は無料なので、とりあえず登録して期間内で辞めれば本当に0円です。

とりあえず加入して試してみてはいかがでしょう?

BORUTOアニメあらすじ&ネタバレ一覧♪

 

速報!BORUTO第86話【コヅチの意志】(ネタバレ注意!)
速報!BORUTO第85話【心の石】(ネタバレ注意!)
速報!BORUTO第84話【オオノキの思い、空(くう)の思い】(ネタバレ注意!)
速報!BORUTO第83話【オオノキの正義】(ネタバレ注意!)
速報!BORUTO第82話【潜入!!岩隠れの里】(ネタバレ注意!)
速報!BORUTO第81話【ボルトの願い】(ネタバレ注意!)
速報!BORUTO第80話【ミツキのトモダチ】(ネタバレ注意!)
速報!BORUTO第79話【再会、ミツキ…!!】(ネタバレ注意!)
速報!BORUTO第78話【それぞれの思惑】(ネタバレ注意!)
速報!BORUTO第77話【強敵、ガラガの猛攻!!】(ネタバレ注意!)
速報!BORUTO第76話【逆鱗に触れろ】(ネタバレ注意!)
速報!BORUTO第75話【龍地洞の試練】(ネタバレ注意!)
速報!BORUTO第74話【敵は猪鹿蝶…!!】(ネタバレ注意!)
速報!BORUTO第73話【月の裏側】(ネタバレ注意!)
速報!BORUTO第72話【ミツキの意志】(ネタバレ注意!)
速報!BORUTO第71話【世界で一番固い石】(ネタバレ注意!)
速報!BORUTO第70話【緊張の向こう側】(ネタバレ注意!)
速報!BORUTO第69話【超チョウチョウ恋騒動!!】(ネタバレ注意!)
速報!BORUTO第68話【超チョウチョウキスモード!!】(ネタバレ注意!)
速報!BORUTO第67話【超チョウチョウ蝶モード!!】(ネタバレ注意!)
速報!BORUTO第66話【オレの物語…!!】(ネタバレ注意!)
速報!BORUTO第65話【父と子】(ネタバレ注意!)
速報!BORUTO第64話【ナルト、奪還!!】(ネタバレ注意!)
速報!BORUTO第63話【サスケの切り札】(ネタバレ注意!)
速報!BORUTO第62話【大筒木、襲来!!】(ネタバレ注意!)
速報!BORUTO第61話【砂鉄使い・シンキ】(ネタバレ注意!)
速報!BORUTO第60話【木ノ葉隠れVS砂隠れ】(ネタバレ注意!)
速報!BORUTO第59話【ボルトVSシカダイ】(ネタバレ注意!)
速報!BORUTO第58話【トーナメント、開始!!】(ネタバレ注意!)
速報!BORUTO第57話【負けられない理由】(ネタバレ注意!)
速報!BORUTO第56話【ライバル、集結!!】(ネタバレ注意!)
速報!BORUTO第55話【科学忍具】(ネタバレ注意!)
速報!BORUTO第54話【サスケとボルト】(ネタバレ注意!)
速報!BORUTO第53話【ヒマワリの誕生日】(ネタバレ注意!)
速報!BORUTO第52話【サスケの影】(ネタバレ注意!)
速報!BORUTO第51話【ボルトの誕生日】(ネタバレ注意!)
速報!BORUTO第50話【中忍選抜試験 推薦会議】(ネタバレ注意!)
速報!BORUTO第49話【ワサビでなみだ】(ネタバレ注意!)
速報!BORUTO第48話【下忍ドキュメンタリー!!】(ネタバレ注意!)
速報!BORUTO第47話【成りたい駒(すがた)】(ネタバレ注意!)
速報!BORUTO第46話【極夜作戦】(ネタバレ注意!)
速報!BORUTO第45話【雪の日の記憶】(ネタバレ注意!)
速報!BORUTO第44話【シカダイの迷い】(ネタバレ注意!)
速報!BORUTO第43話【白夜団(びゃくやだん)、現る!!】(ネタバレ注意!)
速報!BORUTO第42話【忍者のお仕事】(ネタバレ注意!)
速報!BORUTO第41話【結束の力】(ネタバレ注意!)
速報!BORUTO第40話【第七班・初任務!!】(ネタバレ注意!)
速報!BORUTO第39話【満ちた月が照らす道】(ネタバレ注意!)
速報!BORUTO第38話【スリーマンセル、結成…?】のあらすじ(ネタバレ注意!)
速報!BORUTO第37話【忍(しのび)の覚悟】のあらすじ(ネタバレ注意!)
速報!BORUTO第36話【卒業試験、開始!!】のあらすじ(ネタバレ注意!)
速報!BORUTO第35話【三者面談…!!】のあらすじ(ネタバレ注意!)
速報!BORUTO第34話【星降る夜】のあらすじ(ネタバレ注意!)
速報!BORUTO第33話【スランプ!!超獣戯画】のあらすじ(ネタバレ注意!)
速報!BORUTO第32話【おみやげクエスト】のあらすじ(ネタバレ注意!)
速報!BORUTO第31話【ボルトとかぐら】のあらすじ(ネタバレ注意!)
速報!BORUTO第30話【写輪眼VS雷刀・牙】のあらすじ(ネタバレ注意!)
速報!BORUTO第29話【新・忍刀七人衆!!】のあらすじ(ネタバレ注意!)
速報!BORUTO第28話【宣戦布告】のあらすじ(ネタバレ注意!)
速報!BORUTO第27話【友情のシノビバウト】のあらすじ(ネタバレ注意!)
速報!BORUTO第26話【水影の後継者】のあらすじ(ネタバレ注意!)
速報!BORUTO第25話【波乱の修学旅行!!】のあらすじ(ネタバレ注意!)
速報!BORUTO第24話【ボルトとサラダ】のあらすじ(ネタバレ注意!)
速報!BORUTO第23話【つながりのカタチ】のあらすじ(ネタバレ注意!)
速報!BORUTO第22話【つながる想い】のあらすじ(ネタバレ注意!)
速報!BORUTO第21話【サスケとサラダ】あらすじ(ネタバレ注意!)
速報!BORUTO第20話【写輪眼の少年】のあらすじ(ネタバレ注意!)
速報!BORUTO第19話【うちはサラダ】のあらすじ(ネタバレ注意!)
速報!BORUTO第18話【うずまき家の一日】あらすじ(ネタバレ注意!)
速報!BORUTO第17話【サラダ、走る!!】あらすじ(ネタバレ注意!)
速報!BORUTO第16話【留年(ダブり)の危機】あらすじ(ネタバレ注意!)
速報!BORUTO第15話 【新しい道】 あらすじ(ネタバレ注意!)

Facebookページ

フェイスブックも始めました♪
いいねして頂けると励みになります!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です